ブログHOME > 「書評サイト-本スキ。」の更新 > 「模倣犯」(宮部みゆき)
ハードカバーで買ってあったにも関わらず、読んでいなかった「模倣犯」(宮部みゆき)がそろそろ文庫になるらしい。
映画化されてCMが山ほど流れていたので、その印象が消えたら読もうかなぁと思っていたのですが、ちょっと放置し過ぎだったかも...。
「模倣犯」(宮部みゆき)の書評
この記事へのコメント
2005年12月04日
はじめまして、読書飛行中のカモメです♪

宮部みゆきは、グイグイ読ませてくれますよね。「火車」と「模倣犯」が好きです(とはいっても、この2冊しか読んでいません。他の作品は積ン読本に・・・)。
「模倣犯」はいろんな登場人物の視点で書かれているのが、良かったです。しかし、ご指摘の通り特に犯人の描き方は中途半端だったかも。最後も「あれ?」って感じでした。
ちなみに映画は観ません。小説のほうが絶対イイ!!はず。
Posted by ジョナサン
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。