ブログHOME > 「書評サイト-本スキ。」の更新 > 久々の更新「火の山-山猿記」
久しぶりにblogを更新する事にしました。純粋に、放置し過ぎかなぁと反省したので。でも、もともと掲示板代わりなので、放置してもどうって事も無い気もするのですが...。

メインの書評サイトも、三週間近く間が開きましたが久々の更新。NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」の原案小説である、「火の山-山猿記」と、真保裕一の「奇跡の人」。

「火の山-山猿記」は、「純情きらり」の人気で入手困難だった最中になんとか入手したものの、テレビで放映中の内容の「先」を知るのに躊躇いがあって積んだままにしていた作品です。そろそろ、テレビの方で最終回の予想がつき始めて来たので、読んで見ました。
あぁ、ずっと読みたくてムズムズしていたので、スッキリ!

そうそう、「純情きらり」でヒロインを演じている宮崎あおいさんは、今度大河ドラマの主演に抜擢されたようですね。
私の大好きな宮尾登美子さんの小説「天璋院篤姫」が原作の大河で、篤姫役だとか。篤姫と宮崎あおいとでは、イメージが全く違う気がしますけどね...。超かわいいけど。
フジテレビの大奥が受けたから、いかにも受けそうな物をとにかく合わせて「幕末」+「大奥」+「人気若手女優」=「天璋院篤姫」という選択なんでしょうね...、NHKさん。

「奇跡の人」の方は真保裕一らしからぬ駄作でした。この人の作品は結構スキなのですが、「奇跡の人」ばかりはちょっと...。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24081978
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
2006-09-21 01:36
純情きらり
『純情きらり』(じゅんじょうきらり)は、2006年(平成18年)度上半期NHK連続テレビ小説の作品である。シリーズ通算第74作目。2006年4月3日から2006年9月30日(予定)に渡って放映する。
Posted by キニナルことば
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。