しばらく更新できずにいましたが、今週は少しずつ更新しています。
と言っても、各書評にちょっとつけている書影のリンクを修正する作業ですが...。
これが膨大な量で、一つづつ修正しながら気が遠くなりそうです...たらーっ(汗)

ビーケーワンの書影を主に使っていたのですが、システムが変更になったようで表示されない書影が出てきていたのです。
別に、書影が無くてもサイト的には困らないのですが、なんだか書影が無いと寂しい感じがして...あせあせ(飛び散る汗)
時間がかかりそうですが、まぁ頑張ります!


最近読んだ本は、「昭和ミステリー大全集(中巻)」
中巻だけ古本屋で見つけたので、突然「中巻」です。
欲しかったのはこの「中巻」だったので、本当にラッキー手(チョキ)
これ、なかなかスゴイです。
坂口安吾、多岐川恭☆、松本清張、水上勉☆、笹沢左保、結城昌治☆、鮎川哲也、陳舜臣☆、生島治郎☆などなど、著名な作家さんの作品が集められています。
ちなみに、上記☆印は直木賞受賞者、松本清張は芥川賞受賞。
久々にサイトを更新いたしました。
11月に女の子を出産し、4ヶ月になりました。
まだ睡眠不足の日もあり、じっくり読書をするには気力も体力も足りない感じですが、さすがに読書する日々が恋しくなって来たので、本を手に取りました。

出産という経験をして(これは想像を絶しましたが)、新たに感じられる部分もあると思います。
そういう意味では、今後の読書が楽しみです。
ちなみに、子供を生む痛みは筆舌に尽くしがたく、人が「鼻からスイカ」などと意味の分からない痛みの形容をする理由が心底分かりました...。

徐々に、深く読書にのめりこむ自分を取り戻したいと思っています。
書評サイトとは名ばかりの読書感想サイトを運営していて、久しぶりに「お気に入り度数」3点/5点満点をつけました。
「夜のピクニック」恩田陸 著 です。

私の中で3点以下は、「本気で二度と手に取りたくないレベル」「標準的な作品のレベルに到達していない作品」という感覚。
酷い作品だと、思いました...。

ところが、amazonのおすすめ度を見てみたらこの作品、4.5点/5点満点なんですね。衝撃を受けました。
私、おかしいのかなって。

しかし、家庭の事情により年の離れた私の妹(まだ10代)に本書の感想を聞いてみたら、私と同様の評価でした(ホッ)。
つまり...、「評価甘過ぎだね、amazon(で評価した方々)」
まぁ、好みが分かれる作品なのでしょうね。


最近、比較的まめにサイトを更新しています。
実はもうじき出産予定日なので、出産後しばらくは本を読めなくなると予想しての事です。
疲れが目に来るらしいので。
あら? (また)更新が滞ってるなぁ、という状況になっていたら、出産したせいだと思って下さい...。
昨日持って出かけた文庫本が、行方不明です...。
恐らく、地下鉄に忘れて来たのでしょう...。
ホント、駄目人間だなぁ...。

しかし、文庫本一冊のために「忘れ物センター」へ行くのもアホラシイ気がして...。
数日中には、改めて購入するつもりです(どちらにしてもアホラシイけど...)。

失くした文庫本は、よりにもよって山崎豊子の「大地の子」全4巻の第1巻でした。
続き物の一冊を失くすとは、本当にバカ...!
私のバカ...!
既読の本とは言え、本棚を第1巻だけ欠けた状態にしておくなんて、とても耐えられません...。
本を並べるの、ダイスキなのに...。
あー、辛いわ。
久しぶりにblogを更新する事にしました。純粋に、放置し過ぎかなぁと反省したので。でも、もともと掲示板代わりなので、放置してもどうって事も無い気もするのですが...。

メインの書評サイトも、三週間近く間が開きましたが久々の更新。NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」の原案小説である、「火の山-山猿記」と、真保裕一の「奇跡の人」。

「火の山-山猿記」は、「純情きらり」の人気で入手困難だった最中になんとか入手したものの、テレビで放映中の内容の「先」を知るのに躊躇いがあって積んだままにしていた作品です。そろそろ、テレビの方で最終回の予想がつき始めて来たので、読んで見ました。
あぁ、ずっと読みたくてムズムズしていたので、スッキリ!

そうそう、「純情きらり」でヒロインを演じている宮崎あおいさんは、今度大河ドラマの主演に抜擢されたようですね。
私の大好きな宮尾登美子さんの小説「天璋院篤姫」が原作の大河で、篤姫役だとか。篤姫と宮崎あおいとでは、イメージが全く違う気がしますけどね...。超かわいいけど。
フジテレビの大奥が受けたから、いかにも受けそうな物をとにかく合わせて「幕末」+「大奥」+「人気若手女優」=「天璋院篤姫」という選択なんでしょうね...、NHKさん。

「奇跡の人」の方は真保裕一らしからぬ駄作でした。この人の作品は結構スキなのですが、「奇跡の人」ばかりはちょっと...。

「月と6ペンス」

2006年07月06日
前回のサイト更新から、早一ヶ月近くが経とうとしています。
そろそろ更新したいと思うのに、なかなか頭が回転しない今日このごろ。

実は、妊娠中なもので...。
つわりも乗り越え、だいぶ楽になって来た今日このごろですが、なかなかサイト更新に手を伸ばせません。でも、一ヶ月経っちゃうから更新しないとなぁ。
って言うか、サイトの方に「妊娠中なので更新が滞りぎみです」と掲示すべきかしら...?
でも、そもそもマイペースな趣味サイトだしなぁ。

今読んでいるのはサマセット・モームの「月と6ペンス」
面白い本です。
月という言葉の持つロマンティックな響きからすると、読むほどに愕然としてしまうような作品ですが。

読みながら、ふと邪念が頭を過ぎります。
あぁ、もっと胎教に良さそうな本(ってどんな本だろ)でも読んだ方がいいのかなぁ。
久々に「書評サイト-本スキ。」を更新しました。
追加したのは、次の3作。
「星々の舟」村山由佳
「破線のマリス」野沢尚
「深紅」野沢尚
「破線のマリス」は、かなり前に読んだものですが...。

サイトを立ち上げてから、更新を1月近く滞らせてしまったのは初めてです。
ここしばらく体調が悪く、更新に手をつけられませんでした...。

ハリー・ポッター最新作を読みたいのに、買いに行く元気もないのです...(発売日に買いに行くつもりだったのに)。
結局、楽天で注文しました...。
文庫化された、「ダヴィンチ・コード」も一緒に(今さらですが)。


そう言えば、「書評サイト-本スキ。」の方でハリー・ポッターの書評を探して下さる方が時折いらっしゃるようです(全文検索でハリー・ポッターと入れる方を見かけます)。
さすが人気の本。
私も読んでいます。映画も見ています。
面白いよね、やっぱり。

でも、ハリー・ポッターの感想は書いていません。
とても面白いのは確かだけど、その面白さの質は漫画やドラマの面白さと同じで、改めて文章で語る必要は無い気がするので。
「あー、面白かった」以上に語る必要も、誰かが語っているのを参考にする必要もなく、ただ楽しめば良い作品だと思うので。
子供向けの本だし、ストーリーの面白さと分かりやすさ、キャラクターの魅力、ファンタジーの面白さ、これで十分なのだ。
書評:人間万事塞翁が丙午(青島幸男)
青島幸男氏は、「しょうもない東京都知事」という印象が強かったのですが...。
思いのほか、良かったです。つい、電車でウルウルしてしまいました。

脚本・作詞・小説、絵など才能に溢れ、この作品で直木賞、絵では二科展入選と素晴らしい功績。
凄いですねぇ、並みの人間じゃない。
政治家になっちゃうなんて、俗っぽいけど。

久々に、4.5点以上の書評リストにも加えた一冊でした。


同時にアップしたのは、
書評:東京新大橋雨中図(杉本章子)
こちらも、直木賞受賞作。
才能のある人が、特に売り込み等せずとも幸運な出会いなどで見出され、指導も受ける事ができ、ついにはイッパシの絵師として自信と判断力を身につけていく物語というか...。
運と才能に恵まれた人は、いいですねぇ。
読み直しを始めちゃうと、書評の追加はし難いですねぇ。
最近、源氏物語を読み直し始めてしまいました。
長いんだ、これが。
それも、源氏物語って源氏が老いてからの方が面白いんだよねぇ。
おかげで、更新が滞ってしまっております。

原文も現代語訳もネットに溢れてるので、手持ちの本を読み比べてみたり。
そうすると改めて、「この人いったいどういう格好してるわけ?」とか、「これって、どういう文化なんだろ」と調べる気持ちが沸いて来るという、現代の本とは違う楽しみ方ができています。
時間がかかるのが難点。
おー! 金もかけずに新しい読書の楽しみを見つけたぞぅ。


個人的に、本は読者にページが開かれた瞬間から、それぞれの読者の自由な「解釈」で読めば良いと思って読書をし続けています。
原文を味わいたいなら原文を読めば良いし、現代語訳ならそれぞれの訳者の個性や解釈の違いこそが面白い。訳者も読者だったんだから。
でも、源氏物語って面白くって、「○○訳のあの部分はデタラメだ!」「最初は○○でよめ!」とか、原文に対する愛の深ーい人がたまにいる。
とても、興味深いです。
本とは関係ないけど、余談。

私が「あるある大辞典」を見てその気になり、購入したCoQ10の含有量が偽装されてたんです。その顛末を、念のため書いて置こうかと。

今月12日、ニュースを見ていたら、我が家にあるCoQ10の含有量が偽装されてるって...。いやー、仰天。それも、300ミリグラムって書いてあるのが18グラムしか入ってなかったって、なんだそりゃ。問題の商品は次の二つ。
MVPコエンザイムQ10 9000mg
MVPコエンザイムQ10包接体 9000mg
NIKKEI NET 1/12日の記事
最近流行り(?)なんでしょうか、偽装

で、早速ネイチャーラボのページを検索したら、そこのサーバーが落ちているらしく(アクセス殺到?)、見られない。電話番号探してかけたら、ずっと話中。
次の日はサイトが見られたので、ホームページの「お問い合わせ」のところから問い合わせました。

次の日にメールで返事が来て、「商品を取り替えるから送り返して」と言うので、送り返しました。
ちなみに、ほとんど飲んで無かったので(汗)ほとんど中身が残っていました。だって、「あるある」ったら後から、「CoQ10はαリポ酸と一緒に摂取しなきゃ効率が悪い」って言うんだもん。直ぐその気になって買うくせに、飽きるのが早い私...。

で、今日現金が送られてきました!
4,410円(確か、3,500円くらいでマツキヨで購入)。
商品を交換じゃなかったのかな...? 文句言った人がいたのかも。

誰か、同じCoQ10で困っている人の参考になれば良いなぁ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。